古いパソコンの捨て方は?PCの処分方法について

未分類

使わなくなった古いパソコンはどのように処分すれば良いのでしょうか?2003年10月に制定されたPCリサイクル法により、昔のように粗大ごみで捨てることが出来なくなったパソコン。本体の処分費用が1台につき3000円程度、モニターが1台につき3000~4000円程度と結構な費用がかかります。筆者のようにモニターやキーボードを使いまわして本体のみ買い替えて古いパソコン本体がたくさん眠っている方もいるのではないでしょうか?

一番確実な方法はパソコンショップに持ち込み、処分費用を払って引き取ってもらうことです。しかしながら先にも書きましたが、一般的には本体とモニターの1セットで7000円程度がかかってしまいます。そこで出来るだけ費用をかけずに処分する方法が無いかと調べてみました。

PCリサイクルマークがあるものは無料

パソコンの処分といってもいろいろな方法がありますが、その前に確認しておきたい内容があります。パソコンのケースにリサイクルマークがついていないかを確認しましょう。

リサイクルマークとは2003年10月以降に販売された家庭用向けのパソコンに貼り付けされているもので、このマークのあるパソコンであれば、購入時にリサイクル費用を上乗せして支払いをしています。このため、製造メーカーに引き取り依頼することで無料で処分できてしまいます。

しかしながら、製造メーカーが事業撤退や倒産などで回収先が無くなってしまっている場合、その後を引き受ける業者があればいいのですが、無い場合は別の業者に有償で処分を依頼しなければならないので、注意が必要です。

  • まずはPCリサイクルマークがついていないか確認

他にどんな処分方法があるの?

処分パソコンにリサイクルマークが無い場合や、リサイクルマークがあっても依頼先が無くなっている場合には次のような処分方法があります。

  1. 自治体で回収(小型家電リサイクル法)
  2. パソコン回収サイトで依頼
  3. 新パソコン購入時に古いパソコンを引き取ってもらう
  4. ネットオークションや中古ショップで売却
  5. 無料回収コーナーへ持ち込む
  6. 細かく分解してゴミとして出す

自治体で回収 (小型家電リサイクル法)

2013年4月から小型家電リサイクル法が施工され、自治体でも無料で回収されるところが増えてきました。お住いの地域によっては対応していないかもしれませんが、この方法が最も良さそうです。

また、エディオンやジョーシンやケーズデンキなど、一部の家電量販店でも同様の回収が始まっているようです。

http://kogatakaden.env.go.jp/環境省の小型家電リサイクル回収ポータルサイト

  • 上記のポータルサイトで対応していなくても自治体のホームページ上で小型家電リサイクル法について記載がある場合があります。お住いの自治体のホームページも直接確認してみることもお勧めします

しかしながら、無料回収できるものが自治体や家電店でも異なったり、モニターは費用がかかったりと違いがあるので、事前に確認が必要です。

パソコン回収サイトで依頼

ネットで探すと無料で回収するところもたくさんヒットします。筆者も過去にお世話になったことがあり、これらの業者さんの良いところは、その他に処分したいものも一緒に送ることが出来たり、連絡なしで直接送っても引き取ってもらえたりといったところでした。筆者が利用した頃は送料はこちらもちであったので、パソコンの重量を考えるとそこそこの出費が必要でしたが、最近では着払いが可能となっているようです。

注意したいのは、業者によって引き取り可能なものにばらつきがあるようで、PCの状態(故障していたり欠品があったりなど)によっては引き取り出来ない場合もあるようなので確認が必要です。

たくさんの業者があり、それぞれに長所短所があると思いますが、リネットジャパン株式会社様などは「小型家電リサイクル法」の認定事業者ということなので、もしも業者選定に迷ったらこちらで良いのではないかと思います。

https://www.renet.jp/ リネットジャパン株式会社

  • リネットジャパンさんはモニターもPC本体と同時だと無料で引き取り可能。ただし無料は1箱まで。※詳細はWebでご確認ください。

新パソコン購入時に古いパソコンを引き取ってもらう

パソコンを処分だけしたい方には使えませんが、パソコンショップや家電店で新規にパソコンを購入する際に旧パソコンの引き取りを依頼します。値引き交渉の一環になりますが、新パソコン購入の予定があれば交渉してみるのも良いでしょう。

ネットオークションや中古ショップで売却

WindowsなどOSのバージョンやパソコンの性能にもよりますが、比較的新しいものであれば、ネットオークションや中古ショップで買い取り価格がつくことも。また、本体が古くて商品としては売れない場合でも、マザーボードや電源ユニットなどパーツごとに分解してハードオフなどに部品として売却するという手もあります。

リサイクルショップによっては買い取り価格はつかなくても無償で処分してもらえる店もあるので、近くにリサイクルショップがある場合は確認してみるのもいいかもしれません。

  • 少し手間がかかっても、わずかでも現金化できるかも

無料回収コーナーへ持ち込む

最近ではあまり見なくなりましたが、空き地などで家電の無料回収ののぼりを見かけることがあります。こうしたところでは回収した家電を海外に輸出することで利益を上げられているようで、パソコンの無料回収も行われている場合があります。

しかしながら正しくリサイクルされているのか不明なことも多く、ハードディスク内の情報漏洩などの不安もあるので、よほど選択肢が無い場合以外は別の方法を選ぶのが賢明かと思われます。

細かく分解してゴミとして出す

最終手段です。細かく砕いてゴミ袋に詰めればゴミとして捨てられます。しかし手間と労力を考えると他の方法を探した方が賢明です。

結局のところ

筆者の廃棄パソコン「デスクトップ本体」x3台、「ノートパソコン」x1台に関してはデスクトップ本体のうち2台はリサイクルマークがありましたので、それぞれのメーカーに依頼、残りの1台とノートパソコンについてはリネットジャパンさんに依頼することとなりました。いずれもウインドウズXP以前のパソコンでしたので、無料で処分できただけでも良かったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました