私がこの格安プロジェクターをお勧めする理由

未分類

YouTubeやAmazonプライムビデオ、ネットフリックス等、映画や動画が手軽に見たい時に見れるいい時代になりました。ちょっとした空き時間にスマホで、家族の団らんにリビングのテレビでと、いろいろ楽しめるコンテンツが充実していますが、どうせなら大画面で楽しみたい!

そこで、今回はAmazonでたくさん販売されている1万円前後のプロジェクターの中から、BIGASUOという中国製のプロジェクターを14800円で購入しました。

DVDが見れる一体型!

数ある中国製のプロジェクタの中からこの機種を選んだ理由の一つは、DVDプレイヤーが内蔵されているのでDVDをプロジェクタに直接セットして見れること。過去に購入したDVDの資産が手軽に見れるのはとても便利です。DVDを見るための操作も簡単なので、お子さんやご年配の方でも使いやすいと思います。ブルーレイを見る場合はブルーレイプレイヤーを別に用意して接続することで見ることはできますが、筆者の持っているのはDVDがほとんどなのでこれで十分でした。

LED光源で長寿命

一般的なプロジェクターは高圧水銀ランプを使用して光を出しますが、この機種はLEDで光を出しています。LEDの寿命に関しては仕様でうたわれていないため不明ですが、普通は高圧水銀ランプよりも5倍以上長寿命です。LEDは一般的なランプよりも発熱が少ないので本体へのダメージも少なく、消費電力も少ないので普通のプロジェクターよりも電気代がかかりません。一般的なプロジェクターは機種にもよりますが300W程度、この機種は動作中で48Wの消費電力です。

Bluetooth機能で無線でスピーカー接続可能

本体にもスピーカーは搭載していますが、やはり迫力のある音で楽しむには外部スピーカーは必須です。従来は配線が必要だったのでケーブルが煩雑になりがちでしたが、Bluetoothスピーカーを用意すれば、無線で迫力のある音声が楽しめます。

HDMI入力ポートx2箇所とUSB端子搭載

最近の映像機器はHDMIでの接続が一般的なので、HDMI入力ポートが2箇所あるのは大変使い勝手が良く、よく考えられています。またこの機種はマイクロSDカードやUSBメモリーに保存した動画や画像を再生するマルチメディア機能が備わっているのですが、このUSBメモリーの接続端子から5V電源をとれるので、クロームキャストなどをHDMIコネクタに取り付けてその電源をUSB端子で賄うといった使い方ができ、USB電源を別に用意する必要がありません。

コンパクト設計

以前所有していたEpsonのDVD一体型プロジェクターは、この機種の倍以上のサイズがありました。もちろん光源の明るさや方式が違うので、Epsonのプロジェクタが劣っているわけではないのですが、コンパクトさだけで考えるとこの機種は 203 x 161 x 95 mm の本体サイズで重量も0.9Kgとなっており、一般的な据え置きプロジェクターの中でもとてもコンパクトなサイズとなっています。必要な時だけちょっと用意して使うといった手軽な使い方や、出先に持ち運んで使うといったことが楽々できます。

天井取り付けも可能

底面に三脚用ねじサイズの穴があり、それを使用して天井取り付けが可能になっています。映像も正面からだけでなく天地反転、リア投影など一通りの使用が出来るようになっていて、使用環境に合わせて設置できます。

もちろん残念な点も

ここまで良い点を述べてきましてが、残念な点もあります。

  • 輝度が低い 実質50ルーメン程度
  • 解像度が低い 800x480
  • 設置場所を選ぶ

仕様では2200ルーメンとなっていますが、実測してみると50ANSIルーメン程度でした。そもそもホームシアター市場で有名メーカーの10万円程度のLEDプロジェクターでさえ、せいぜい1000ルーメンくらいの製品しかありませんので、1万円前後のLEDプロジェクターではこのくらいの明るさくらいがコスト的に精いっぱいなのでしょう。今後さらに高輝度のLEDが安価になれば、より明るいものが登場すると思います。しかしながらこのくらいの明るさであっても、暗く出来る環境を工夫できれば十分に楽しめますし、実際に私の設置環境では十分に活躍してくれています。

解像度については格安プロジェクターでは選ぶ余地はほとんどなく、1万円前後の機種ではこのくらいのものしか無いようです。解像度800x480程度では、パソコンを接続すると文字がつぶれて読めないような状態になってしまいます。ですのでパソコンを接続して文字の書かれた資料を映し出したりといった細かい文字を表示させる用途にはこのプロジェクターは向いていません。しかしながら、DVDの解像度は720x480であるため、DVD画質の映像や動画の視聴を目的とした場合は、十分な性能と言えるでしょう。

映像はレンズから投射されるので、レンズ位置を中心に広がります。DLPの方式のプロジェクターであればレンズの中心位置よりも上方へ打ち出されるので、床やテーブルの中ほどに置いても、接地面に干渉せずに壁面へ投射させることが可能ですが、この機種は床に置くと映像の下部が切れることになります。大画面で壁面中央に投射するためにはプロジェクター本体も映像の中心位置あたりの高さに設置する必要があります(補正しない場合)

それでもこの機能でこの価格はコストパフォーマンス高し!

以上のように、良い点と悪い点を挙げてきましたが、これらの特徴を踏まえてもやはりこの機種はコストパフォーマンスが高いと思います。もちろん、映像の画質や明るさなどにこだわると予算次第でさらに良いものもたくさんありますが、出来るだけコストをかけずにかつそれなりに満足できる初心者向けのプロジェクターとして選定した場合、断然おすすめできる商品ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました